My Weblog: belgelerle yalan tarih

avant-garde art 前衛美術集団

  1. Home>
  2. 前衛美術集団>
  3. ケラ美術協会>
  4. 新聞記事
新聞記事

新聞記事
・ 1959年12月20日 毎日新聞「美術 ケラ美術協会誕生」
・ 1959年12月21日 朝日新聞「新協会の結成へ 新制作の新進作家既成団体に反発」
・ 1959年12月21日 毎日新聞「招待席 芸術的自由を求めて=新制作を飛び出した13人=現れた考え方の相違」
・ 1959年12月26日 京都新聞「新制作協会 新進の13人が脱退“自由な発言もできぬ”」
・ 1960年1月19日 毎日新聞「あすはわれのもの1 ケラ美術協会“仕事あるのみ”同居する若さと分別くささ」
・ 1960年1月31日 新聞社不明「京都の裏側 若い世代 自由そして純粋 力いっぱいの体当たり」
・ 1960年日付不明 新聞社不明「仙境北白川に初の美術村“4月には集団アトリエ完成 意欲もやす若手作家 彫刻家」
・ 1960年7月10日 朝日新聞「旗揚げの展覧会 12日から ケラ美術協会」
・ 1960年7月11日 産経新聞「ケラ美術展」
・ 1960年7月11日 毎日新聞「招待席 半年間沈黙の解答 ケラ美術協会展」
・ 1960年7月13日 夕刊京都「美術界」
・ 1960年7月14日 毎日新聞「ケラ美術協会展」(杉本記者)
・ 1960年7月14日 朝日新聞「美術展 今後に期待 京都画壇の新鋭たち」(橋本)
・ 1960年7月16日 京都新聞「あふれる意欲 ケラ美術協会展展評」
・ 1960年10月31日 毎日新聞「闘志と個性の“ケラ”第2回ケラ美術展」
・ 1960年11月2日 京都新聞「日本画の前衛 第2回ケラ美術協会展」
・ 1960年12月13日 毎日新聞「京都美術界 ことしのベスト3」
・ 1960年12月26日 朝日新聞「共同で“美術村”建設 20歳代の画家らが計画」
・ 1961年2月13日 毎日新聞「推薦のことばに新味 京都ベスト3展」
・ 1961年2月14日 毎日新聞「反響を呼ぶ京都ベスト3展 目録を追加印刷 毎年続けてほしいの声も」
・ 1961年2月15日 朝日新聞「めだつ技巧 京都ベスト3展」
・ 1961年2月26日 産経京都「左京区で8人のグループ 山中に美術村づくり 絵筆持つ手で開墾 狭い町では“大作”できぬ」
・ 1961年4月10日 毎日新聞「招待席 第3回ケラ美術展」
・ 1961年4月11日 毎日新聞「春の美術シーズンきょう開く」
・ 1961年4月13日 朝日新聞「生命の奔放 ケラ美術協会展」
・ 1961年4月15日 京都新聞「内容的に落ち着く ケラ美術展」
・ 1961年4月15日 毎日新聞夕刊「はちきれる若さ ケラ美術展」
・ 1961年6月3日 京都日出新聞「地蔵谷 生まれる美術村 美大生感激の整地 地元の老人 ポンと土地提供」
・ 1961年6月11日 夕刊京都「美術界」
・ 1961年6月20日 毎日新聞「美術 日本画の特殊性 第4回ケラ美術展」
・ 1961年6月23日 夕刊京都「第4回を迎えたケラ美術協会」
・ 1961年6月24日 京都市民報「理想の女性のイメージ 作品 楠田信吾」
・ 1961年6月24日 産業経済新聞「学生もお手伝い 北白川に集団アトリエ 秋には完成 基礎工事すすむ」
・ 1961年7月21日 大阪日々新聞「無念!絵にかいたアトリエ 苦心の道も豪雨禍 京の美術村 建設腰くだけ」
・ 1961年8月23日 産経新聞「美術の窓 理論追求心の足跡」
・ 1961年8月27日 毎日新聞「洛北に“美術家の村”スクラム組む9人の青年画家 集団アトリエも完成近い」
・ 1961年9月20日 産経新聞「美術の窓 調和からあふれる情感」
・ 1961年10月9日 毎日新聞「ケラ美術展」
・ 1961年10月11日 毎日新聞「招待席 ケラ美術展」
・ 1961年11月7日 産経新聞「京都北白川の“美術村”若い6人の“村人”制作・生活に自由賛美」
・ 1962年1月3日 京都新聞「全国初の美術村 新春から店開き さらにアトリエ増築」
・ 1962年1月10日 朝日新聞「若いつどい 北白川美術村 ファイトに集まる好意 作品も売れはじめる」
・ 1962年1月30日 新聞不明「京のチャンピオン855 北白川の美術村 俗世に反逆?若い芸術家6人 制作やめると村民の資格失う」
・ 1962年2月2日 京都新聞夕刊「洛北 “ケラ美術”ラジオ大阪ON AIR 「マイク探訪 放送記者のメモから」
・1962年2月15日 名古屋タイムズ「ケラ美術展」
・ 1962年4月22日 夕刊京都「美術界」
・ 1962年4月23日 毎日新聞「ケラ美術展」
・ 1962年9月12日 京都新聞夕刊「北白川のケラ村 “美術の秋”制作急ピッチ “若さ”画面いっぱい 来日に展覧会 意欲もやす10人」
・ 1962年10月1日 京都新聞夕刊「ケラ美術村 自由な創作の楽園 抵抗精神で腕みがく 能率ぐんと向上 受賞組や米国での個展組 山にこもる若き芸術家たち 洛北北白川」
・ 1963年1月15日 毎日新聞「レッツゴー’63 8 ケラ美術協会 相手は世界の美術家」
・ 1963年10月22日 読売新聞「文化メモ 美術」
・ 1963年10月24日 読売新聞「世に問う解散か存続か ケラ美術展」
・ 1963年10月26日 毎日新聞「招待席 ケラ美術展」
・ 1963年10月30日 京都新聞夕刊「着実に歩む岩田、楠田 満4年を迎えたケラ美術展」
・ 1964年1月1日 京都新聞「米国の富豪に招かれ 留学もきまり今月渡米 海を渡って晴れの展覧会 “北白川美術館”も計画 パ氏が出資 階上はギャラリー 一般開放」
・ 1964年1月5日 毎日新聞「アメリカに美術村つくる 国際舞台で勝負だ 胸をはる若い4人」
・ 1964年1月6日 The Mainichi Daily News「4 Kyoto Artists to US」
・ 1964年1月20日 京都新聞「武者修行に渡米 北白川美術村の若き四作家 前衛の腕高くかわれ ケラ美術協会が発展的解散」
・ 1964年1月20日 毎日新聞「歌も出てにぎやかに 楠田さんらの渡米壮行会」
・ 1964年1月20日 読売新聞「美術村の4人渡米 銀行マンから招かれて」
・ 1964年1月28日 大阪日々新聞「海渡る 京の美術村 米国から“招待状” 4人が月末出発 あちらで修行 グループ「ケラ」は解散
・ 1969年11月15日 夕刊京都「自然の迫力そのままに 大がかりなハプニング」

PAGE TOP