My Weblog: belgelerle yalan tarih

News

  1. Home>
  2. News>
  3. グループ連合について
グループ連合について

グループ連合

1955年3月、京都青年美術作家集団の作家が中心となり「権威と断絶した場所」に人間としての立脚点を持つべく、京都市美術館でアンデパンダン展を開催。(青美、アンデパンダンの項参照のこと)この頃青美はさかんに研究会を開催、より作家同士のつながりを深める為、関西近郊の前衛グループに声をかけ、グループ連合協議会を立ち上げる。代表に中村義一、中原佑介を定め、1956年5月大阪市美術館においてグループ連合展を開催する。以降、1961年まで毎年開催。

1956年 第1回グループ連合展開催以前 グループ連合立ち上げにかかわる話し合い(青美議事録より抜粋)

1955年9月8日(木)
出席者 青美=市村、田中、中塚、真山、中尾、大門、元広 8名
大阪デモクラート=泉、他2名男女
各会の主旨の紹介
・グループ連合展(大阪美術館)について
 デモクラート、青美、パンリアルその他のグループに呼びかけ来年4、5月頃に行う予定。会場は大阪美術館
 機関紙発行について
 青美外部よりの投稿を希む。
 青美第一回展、来年1月中旬2階会場4室(市美)
 作品数 約100点の予定

1955年11月2日(水)
出席者 市村、中塚、志摩、田中、名越、上生、元広 7名
関西グループ連合展について 出席者報告 田中、名越

10月30日(日)大阪ギョモンにて
参加グループ リアリズム、具体、パンリアル、社会主義、職美、目げき者、青美 新グループの承認を得る。
仮名称 関西グループ連合展とする
展覧会は明年3、4月頃、会場大阪市美術館、会費は頭わり1人500円以下
第2回会合は11月27日に行う。

1955年11月30日(水)
出席者 市村、竹中、中塚、松本、上生、元広 6名
先、27日(日)大阪ギョモンにて行われた関西グループ連合代表者出席者(田中、名越、市村)報告について

 

以降はなし。

PAGE TOP